バックナンバー

歯科の基本情報

咀嚼に違和感を感じなくする

歯痛を見逃さず早めの歯科診療を

歯科診療でかみ合わせを治そう

歯が痛い。誰にでも良くあることですが、原因も治療も様々です。痛み止めで様子をみているうちに忘れてしまい、歯科診療を受けずに済ませている人も多いかと思いますが、歯が痛い時には早めの診療が大切です。歯痛の原因は色々とあります。虫歯、歯肉炎、歯ではなく鼻や顎のが原因で歯痛となることもあります。逆に肩凝りや頭痛の原因が虫歯など歯の不調などからくるものであることもあります。そして、意外と多いのがかみ合わせが原因の歯痛です。一度ご自身の歯を鏡で見てみてください。特定の歯が出ていたり歯と歯の間に大きな隙間がある場合は、かみ合わせが悪いということです。また、かみ合わせが悪い方は頬の内側に口内炎ができることが多いので、そういう方はかみ合わせが原因で歯痛を引き起こしている可能性が高いです。歯科でのかみ合わせの治療は、まず一時的にプラスチックキャップを歯に被せて痛みを軽減し、痛みが落ち着いたら歯の高さを合わせる被せを作って治すものが標準的です。保険診療がきかない事も多いですが、健康には変えられません。頭痛や肩凝りの原因になっていることもあります。歯が痛いと感じたら、早めの歯科診療と早めの治療をすることが大切です。

↑PAGE TOP